shitsumi-sea-auberge_birdview2_20200912-

海のオーベルジュ 志積 について

ABOUT US

sea-auberge shitsumi

海のオーベルジュ 志積 について

若狭湾に面し海と山に囲まれた

漁村集落が点在する

小浜市 内外海 (うちとみ) 地区

穏やかな内海から、 

時に荒々しい外海まで

日本海の多彩な表情を感じる場所

 

内外海地区の中でも最も小さく

波の音が穏やかに響く

自然豊かな海辺の集落 志積 (しつみ)

何気なく助け合い、支え合いながら暮らす人たち

ゆるやかに営まれる日常

ここだから感じられる時間・笑顔

 

季節によって移ろう豊富な自然の恵み

自然の側で過ごす日常

ここだから食べられる料理・景色・音

海辺の小さな漁村から

これまで、そしてこれからの

暮らしに想いを馳せる

shitsumi-sea-auberge_birdview1.jpg
shitsumi-sea-auberge_birdview2_20200912-

concept / history

コンセプト・歴史

昭和四十~五十年代。

「夏といえば海」という時代、

美しい海と新鮮な魚介類を求めて、多くの海水浴客が

若狭地方に訪れました。

内外海の人々は、漁業を営みながら

家を民宿として開放し、若狭の海で獲れた魚介類を振る舞い、

家主と海水浴客の家族のような付き合いが生まれました。

 

やがて、海水浴ブームは下火になり、民宿をやめる家が

1軒、また1軒と増えてきました。

家主は歳をとり、かつては内外海のどの家も営んでいた

「民宿」という文化は、今やなくなりつつあります。

それでも、海と共に生きる漁村の暮らしを感じ、

人と人とをつなぐ場所を、未来につないでいきたい。

 

sea-auberge shitsumi / 海のオーベルジュ志積は、

地域とともに、お客様とともに、

未来へと続く海と漁村のかたちをつくっていきます。

about uchitomi

内外海について

複雑に入り組んだリアス式の海岸が続き、

海と山の織りなす美しい景色が広がる、若狭湾。

若狭湾の最も入り込んだ場所に、

漁村集落が点在する内外海(うちとみ)と呼ばれる

地域があります。

 

内外海の海岸線をたどれば、海と山の織りなす

景色が刻々と変わり、点在する漁村集落では、

営まれる漁業が変わっていきます。

 

半島に囲まれ、湖のように穏やかな内海では牡蠣。

日本海へと開かれた外海では定置網やタコ漁。

岩が迫り出した波陰ではフグやタイ、サバなどの養殖。

岩場では天然のアワビやサザエ、ワカメ。

 

内外海の各漁村では、それぞれの海の環境に合わせた

多様な漁業が営まれ、海に感謝し、海とともに生きる

暮らしが息づいています。

 

sea-auberge shitsumi/海のオーベルジュ志積では、

お客様の滞在をとおして、内外海の様々な海産物や

食文化をお伝えしていきます。

shitsumi-sea-auberge_birdview1.jpg
shitsumi-sea-auberge_view1_20201111-DSCF

environment

環境ついて(志積の海と海洋プラスチック)

秋の終わり頃、潮の流れが変わり、

夏の間とても穏やかで綺麗だった志積の海辺は

海からのゴミで埋め尽くされます。

 

毎日ゴミ拾いをしても、拾いきれないほどのゴミが

毎日毎日流れ着きます。

 

そして春の終わりの頃になると、また潮の流れが変わり、

海からのゴミは流れ着かなくなります。

 

その頃・・・

どこかの海辺は同じようにゴミで埋め尽くされています。

海辺に住む動物や人、そして自然は、世界の海に漂う

どこから来たのかもわかならいたくさんの

ゴミに苦しめられているのです。

 

海には既に数億万トンのプラスチックゴミが

漂っていると言われています。。

「私は知らない」ではなく、

 sea-auberge shitsumi をきっかけに知っていただき、

「私は知らない」から「私も変えたい」

と願い行動できる場所を目指します。

beach cleaning

 環境負荷を減らす活動

・客室の使い捨てアメニティの削減

・環境に配慮したアメニティを選択

・ご連泊時における客室のシーツやタオル
 の交換希望制

・ビーチクリーン活動

 

どなたでもビーチクリーンに参加いただける

ご用意をしております。

 

スタッフにいつでもお声がけください。

shitsumi-sea-auberge_view2_20201111-DSCF